ボードゲーム出版現場でのコロナウィルスの影響について

世界規模の感染拡大により多大な影響が出ているコロナウィルスですが、ボードゲーム業界においても、それは変わりなく、大きな影響が出つつあります。

普段、私は、「裏側」のようなこういったことを詳細にお伝えすることはないのですが、これから(ものによっては秋以降、年末といった遅いタイミングで)、その影響が目に見える形で、そしてお客様にも避けられない形で現れる可能性が高いことから、今回、どういった影響が出つつあるのか、また、今後考えられるのかをまとめてみました。

※この記事において言及されている事柄は、あくまでテンデイズゲームズとそれに関係するものであり、ボードゲーム業界、すべての出版社や商品に当てはまるものではありません。また、2020年4月20日時点でのものになります。

工場での製造について

いまや、ボードゲームに関しても、多くのタイトルの製造を担っているのは中国の工場です。
その中国の工場に関しては、春節の休み以降も、業務再開を見送っている工場がほとんどでしたが、現在は地域差はあるものの大多数の工場が製造再開出来ているように感じます。
ただ、本来、2月中旬から稼働する前提で組まれていたスケジュールが変更を余儀なくされてしまい、現時点でも、まだその変更の影響が大きく残っているようです。

ヨーロッパの工場は、操業が止まるということはなかったようで、製造自体に大きな影響は感じられませんが、工場の印刷用データ作成のスタッフなど、製造以外の作業を受け持つスタッフの仕事には影響があるようで、いつもより時間がかかっている印象です。

制作について

続いて、製造の前段階である、制作についてです。

ヨーロッパ各国の出版社は、そのほとんどが現在、在宅での仕事となっているようです。
多くの国で外出禁止措置がとられてから一ヶ月半程度経過していることもあり、在宅でもオフィスと同等の仕事が出来ている出版社が多い印象です。
ただ、製造と同様に、まだ、初期段階におい生じた影響をリカバーするには至っておらず、夏の発売に向けて組まれていたスケジュールに関しては影響が大きいままであり、これから具体的にその影響が見えてくると思います。
エッセンシュピール合わせで計画されていたタイトルについては、まだ、そのスケジュールについて言及されていない段階ではありますが、上記の夏発売タイトルの進行次第では、これから影響が出てくる可能性は高いと思います。

輸送について

船便については、そこまでの大きな影響は現時点ではありません。

航空便については、旅客機の減便により可能な輸送量が世界的に大きく減少しており、航空貨物の輸送費が平時と比べ3倍以上となっています。

これから考えられる影響

製造自体は、現在の工場の稼働具合から考えると、徐々にスケジュールも当初の通りのものに修正されていくように思います。ただ、夏頃までは発売予定日の急な変更なども多くなるかもしれません。

制作に関しては現在も色濃くその影響が残っており、今後もその影響は大きいと思いますが、まだユーザー向けにアナウンスされていないタイトルも多く、実際にお客様がその影響を感じる機会は今後も少ないかもしれません。 ただ、原版における制作の遅れなどの影響は、当然、日本語版にも及ぶため、すでに日本語版の制作スケジュールは、例年のそれよりもかなりタイトになっています。充分な作業時間が確保されない中での制作による影響が、(本来あってはならないことですが)誤訳やルールブックの誤字脱字といった形で現れる可能性も少なくないように思います。

輸送に関しては、船便の場合が多く、まとまった輸送であるためにボリュームメリットも出やすい「日本語版」については、影響は少ないままであると思っています。
一方で、少量での輸送が多い「輸入版」については、今後、輸送(入荷)機会が減る、輸送コスト高騰に起因して商品価格が上がってしまうこともあるかもしれません。

テンデイズゲームズとして

テンデイズゲームズとしては、輸送機会の減少に対応するためのまとまった流通量の確保や、輸送費の上昇を見込んだ上でそれを吸収するためのボリュームメリットを出せるよう、お客様に喜ばれる商品選定を前提としつつも、精力的な日本語版出版を進めたく思っております。
しかし、その一方で、上で述べたように、制作時間の確保の問題などもあり、お客様に不都合が及ぶ懸念も残されています。
そういったことのないよう、努めて制作を進めさせていただき、また、何かあった場合も出来るだけのサポートはさせていただきたく思っておりますが、あたたかい気持ちで見ていただけますと幸いです。