新作のタイトルアイデアを募集します。

-「15時、彼は確かに売店にいたわ」
-4人の容疑者にはそれぞれアリバイがあった。

テンデイズゲームズでは、この秋、Kristian A. Ostby(マンモス、エスケープ、オートマニア等)の日本オリジナル新作を発売予定です。
今回、その新作タイトル発売を、みなさんとより一層盛り上げたく公募することといたしました。

日本のゲームシーンは、これまでにないくらいの盛り上がりを見せています。しかし、まだまだ「海外デザイナーの完全な新作を日本から発売する」という機会は少なく、海外デザイナーの作品は、輸入版(海外タイトルの日本語版含む)やリメイク作がほとんどです。
テンデイズゲームズでは、世界における日本のゲームシーンの存在感をより増すことができればと、この春に発売したライナー・クニツィア作「ラミー17」と合わせ、新しい試みとして非常に力を入れております。
ぜひ、この試みにみなさまの力を貸していただければと思います!

新作タイトル募集要項

【募集するもの】
Krisian A. Ostbyによる推理・論理パズルゲーム新作タイトルをご応募ください。

【応募方法】
メール本文内にあなたの考えたタイトルを「最大二つまで」書いて、
onsen(アットマーク)tendays.tokyo
までメールにてお送りください。(アットマークは@に置き換えてください)
また、お送りいただく際に、メール件名を「タイトル応募」としてください。
ご応募者の情報として、メール内に以下の内容をお書き添えください。
・名前(読みも)
・発表の際に使用する公表可能な名前(ニックネーム、ハンドルネームなど。応募名でよければなくても結構です)
・連絡先メールアドレス
・連絡先電話番号
※これらの情報は、今回のコンテスト運営にのみ使用します。テンデイズゲームズとしてもプロモーションをはじめ、ほかのことには利用いたしません。
ご応募は、「お一方一回まで」とさせていただきます。
実在の場所、人物、団体、事件を想起させるようなもの、他者の権利や著作権を侵害する恐れのあるもののご応募はご遠慮ください。
採用となった場合でも、発売時に修正や変更を加える場合があります。あらかじめご了承ください。

【募集期間】
7月15日23時59分受付分まで

【どんなゲームなの?】
温泉旅館で起きた殺人事件。プレイヤーは、容疑者のアリバイの裏付けを取っていきます。
それぞれのアリバイは「9時に温泉」、「12時に中庭」、「15時土産物売り場」といった組み合わせがカードで用意され、プレイヤーは、お互いに配られたカードの情報を集め、「ゲーム開始前に取り除かれたカード=裏付けの取れない、証明されないアリバイ」の特定を目指すことになります。
そのために、ほかのプレイヤーに持っているカードの内容について尋ねる「聞き込み」や、番頭や芸者、庭師といった旅館で働く人々の力を借りての「特殊アクション」によって情報を集めていきます。
手番における的確な選択、得た情報の整理と推理によって、ほかのプレイヤーよりも早く、取り除かれたカードがどのカードなのか?その答えにたどり着かなければなりません。

古典的名作「クルー(クルード)」と非常に近い目的を持った、王道的な推理・論理パズル系ゲームですが、一ゲームが30分~45分程度で終わるように、また、プレイヤー間でゲーム的なインタラクションが発生するようにデザインされており、今までに発表された同ジャンルのものより、ゲーム性が高く、スリルあふれる作品になっています。

登場人物(容疑者)
・女優
・チンピラ
・陰のある夫婦
・成金

登場人物(助手)
・番頭
・仲居
・芸者
・庭師
・小説家
・旅行雑誌記者

※ゲーム内容や登場人物は、仮のものです。変更となる場合があります。

【発表】
7月下旬にweb上にて発表

【主催】
テンデイズゲームズ(http://shop.tendays.jp/
お問い合わせ:onsen(アットマーク)tendays.tokyo
アットマークは@に置き換えてください。

「ペアーズ」ルールコンテスト入選作発表(5月期その2)

「ペアーズ」ルールコンテストに多数のご応募をいただき、ありがとうございます。

5月期にご応募いただいた作品のうち、7月1日時点で審査させていただいた以下の作品から入選作を選出させていただきました。

・インターセプト
・ヒエラルキー
・ペアーズトリテ
・ペアーズジャック
・ペアじゃないよ
・3ドロー
・ドリームチーム
・19
(順不同)

この16作品の中から、以下の四作品を入選作として選出させていただきました。

・ペアじゃないよ
各プレイヤーから提示されたカードを順番に選び取っていく、という簡単なルールながら、自分のカードが取られることで選択権が回ってくるため、獲得済みのカード状況などから手番の巡りや選択を読む必要があり、通好みの作品になっていると言えるでしょう。
「ペアーズ」ならではのスリルはちょっと弱いですが、ペアが出来てしまった時の悔しさはなかなかのもの。

・3ドロー
「ペアーズ」の基本ルールのような、極めて軽い、まさに「パブゲーム」といった作品です。
ここまでド直球な作品は少なく、かえって目を引きました。
「ペアーズ」の基本ゲームが、失点を受けることで負けを決める内容ですが、こちらは得点を獲得することが目的となっているため、基本ルールよりもこちらが重宝する場も多そうです。

・ドリームチーム
「同じカードが自分の中でかぶらないようにカードを集めていき、より強い(合計数の大きい)チームを作る」という目的を聞いただけで、「ペアーズ」のデッキ構成との親和性の高さが伺える一作。
スピード勝負かじっくりいくかの選択や、場札の並び順による妙、獲得したいカードに対する宣言をあえて被らせることでの駆け引きなど、ゲーム性の高さがなんといっても魅力ですが、準備はカードを混ぜて山札を作るだけというお手軽さ。
その点も含め、完成度の高い一作と言えるでしょう。

これらの入選作については、今後、公式ページでルールを紹介させていただく予定です。

また、入選作の考案者の方には、副賞をご用意させていただきます。もう少しお時間をいただきますが、追ってご連絡させていただきます。

5月期にご応募いただいたそのほかの作品については、審査が終わり次第、結果を発表させていただきます。

ルールコンテストは、いよいよ7月期を残すのみ。
面白いアイデアを思い付きましたら、ぜひ、ご応募ください!

「ペアーズ」ルールコンテスト:5月期入選作「ザ・ペアーズ」

「ペアーズ」ルールコンテストの入選作発表の第二弾です。
今回は、富士市ゲーム部さんの作となる「ザ・ペアーズ」です。
タイトルからもお分かりの通り?日本語版も発売された「ザ・ゲーム」にインスパイアされたと思われる協力ゲームです。

「ザ・ゲーム」とはまた少し違うプレイングのコツ、セオリーが必要となり、単なる「ザ・ゲーム」フォロワーではなく、「ペアーズ」ファミリーのひとつとして十分に楽しんでいただけるものになっています。

ぜひ、遊んでみてください。

※ルールについては、公式ページでもあらためてルール集として公開する予定です。
※「ペアーズ」は、テンデイズゲームズのサイト、全国のゲーム専門店でお買い求めください。

**********
ザ・ペアーズ(作者:富士市ゲーム部)

・プレイ人数	3人~5人
・必要なもの	ペアーズデッキ1組

ゲームの準備
カードをひとまとめにして裏向きによく混ぜて、各プレイヤーに手札として4枚ずつ配り、残りは山札とします。
プレイヤーは自分の手札を確認し、最初の手番を話し合いまたはジャンケンなどで決めます。

ゲームの進め方
ゲームは、最初の手番プレイヤーから時計回りに手番を繰り返して進行します。手番プレイヤーは、1)カードを出す → 2)カードを引く、の順に行動します。
ゲーム中、プレイヤーたちは互いの手札の内容について話し合ってはいけません。

1)カードを出す
山札の横に、捨て札置場が2つあります。また、各プレイヤーの前に専用の場札置場が1つずつあります。
カードを出すときは、手札を1枚選び、どちらかの捨て札置場か、自分の場札置場かを選び、表向きに出します。あるいは、自分の場札置場にカードがある場合、それをどちらかの捨て札置場に出すこともできます。
まだカードの無い捨て札置場にカードを出す場合、手札のどのカードを出しても構いません。
すでにカードが置かれている捨て札置場に出す場合、その捨て札置場に置かれたカードの一番上のカードの数字と同じか、1多いあるいは1少ない数字のカードのみを手札から出すことができます。同じ数字のカードを出したときは、後述する「ペア」効果を受けます。両方の捨て札置場にカードが出せる場合、どちらか好きな方を選んで出すことができます。
自分の場札置場に出すときは、手札のどのカードを出しても構いません。ただし、置ける場札は1枚だけです。
手札、山札、自分の場札がなくなったプレイヤーは手番をパスできます。それ以外の状況でカードをまったく出せない場合、ゲームから脱落します。

2)カードを引く
自分の場札か、山札を1枚引いて手札に加えます。どちらも無いときはカードを引きません。また、捨て札置場に置かれたカードと同じカードを出した手番は「ペア」効果でカードを引けません。ペア効果を受けたら手札が減ってしまうのです。
山札から引くときは、カードを山札の上から引いて手札に加えます。
自分の場札を引く場合、場札を取って手札に加えます。ただし、その手番に出したばかりの場札は引くことができません。

ゲームの終了
全てのカードが捨て札置場に置かれたら、プレイヤーたちの勝ちでゲームは終わります。その前に誰かが脱落したらプレイヤーたちの負けでゲームは終わります。